広島県立上下高等学校
本文へスキップ

学校長挨拶      

上下高等学校のホームページにアクセスしていただき,誠にありがとうございます。

 本校は,世界遺産石見銀山から瀬戸内海への街道沿いに江戸幕府の天領として栄えた上下町にあり,近く100周年を迎える歴史と伝統のある高等学校です。同窓生は14,000余人に及び,広く各界で活躍されています。
 
 昭和32年に制定された本校の校歌は,著名な詩人である故草野心平氏による作詞であり,「真善美 −大いなる未来のぞまむ−」の校訓のもと,小規模校ではありながら,様々なチャレンジを続けております。

 学校設定教科「デュアル総合」では,生徒の意欲・態度や勤労観・職業観を育成し,高度な実務的職業能力を身に付けさせ,卒業後,広く社会で活躍できる人材づくりに取り組んでいます。また,本校の100年先を見通して支援しようと平成27年3月に設立した「上下高等学校200年の会」によって始められた「天領あやめ塾」では,多くの生徒が主体的,協働的に学び,確かな学力を身に付けています。

 さらに,地域に学び地域に貢献する内容とした「総合的な学習の時間(きずな創生学)」,「高校生による中山間地域わくわく事業」活動,十数年継続する中国姉妹校からの研修生受入など,国際社会で通用する能力やグローバルな視点,経験をもって,地域社会の発展に貢献できる生徒を育成しようとしています。

 地域に愛され,生徒一人ひとりが輝く学校づくりに向け,努力して参りますので,今後とも本校への御支援・御協力を賜りますよう,お願い申し上げます。

                           第27代校長 川崎 浩志

広島県立上下高等学校

〒729-3431
広島県府中市上下町上下566

TEL 0847-62-2171